症例集

2016.04.13更新

今回は本院で行っている鎮静剤による歯石除去の紹介です。
加齢とともに蓄積していく歯垢・歯石は歯肉に炎症反応を起こし歯肉炎へと進行していきます、放置しておくと、歯が抜け落ちてしまい最悪の場合流動食しか食べられなくなることもあります。衛生的な口腔内環境を保つことでワンちゃんの口臭も無くなり、いつまでも美味しく歯応えのあるものが食べられるようになります。
 
一度付いてしまった歯石を除去して口臭を無くすには、奥歯の裏や歯周ポケットまで綺麗に磨く必要があります。奥歯の裏や歯周ポケットまで磨くには無麻酔ではまず不可能です。
 しかしながらやはり全身麻酔には抵抗のある飼い主様が多くいらっしゃるので、本院では全身麻酔ではなく、鎮静剤による歯石除去を実施しております。歯石除去は特別痛みを加える処置ではないのでワンちゃんが浅い眠りについてくれれば実施できるのです。各種鎮静剤を組み合わせることでワンちゃんに30~45分程度眠ってもらい、その間に歯石除去をいたします。また鎮静剤の素晴らしいところは、眠りから醒ますお薬が存在するのです。全身麻酔の場合は処置が終わったら醒めるのを待つことになりますが、鎮静剤は処置が終わり次第、醒ますお薬を投与して眠りから醒まします。ですので鎮静剤による歯石除去は待合室で待ってもらっている間に処置を終えてワンちゃんを醒めた状態でお返しできます。

画像は鎮静剤による歯石除去のbefore afterです。
歯石口臭が気になるけど全身麻酔に抵抗のある方、お気軽にご相談ください。

歯石除去 処置前

 

歯石除去 処置後

この程度の軽度の歯石ならば鎮静下で可能です。重度の歯石で抜歯などの処置が必要な場合は鎮静では不可能です、全身麻酔が必要です。

お気軽にご相談ください。

鎮静下歯石除去 日帰り 費用総額 25000円弱

投稿者: アプリコット動物病院

メールでのお問い合わせ