症例集

2018.07.11更新

今回は猫ちゃんの乳腺腫瘍のお話です。

ワンちゃんの乳腺腫瘍はこちらをご覧ください。

ワンちゃんの乳腺腫瘍は50%が良性(基本的に命には直結しない)、50%が悪性(癌です、肺転移などして命を危険にさらす)というデータがあります

猫ちゃんの乳腺腫瘍は80%以上が悪性(癌)という恐ろしいデータがあります。

ワンちゃん同様に非常に早期の避妊手術で乳癌の発生率を減らせるという報告もあります。

猫ちゃんのお腹あたりの皮膚にシコリを見つけたら、まずは細胞検査をしましょう。

猫 乳腺腫瘍 1こんな感じのシコリや

 

猫 乳腺腫瘍2こんな感じでボコボコになり乳首から液体が出ることも。

猫 乳腺腫瘍 3進行すると腫瘍が破けることもあります。

上記のように様々なシコリのタイプがあります。猫ちゃんの乳癌は悪性度が高く進行も早いです。

シコリに気付いたらすぐに細胞検査を受けましょう。

細胞検査で腫瘍が確定したら、治療をどうするか、、、です。

猫ちゃんの乳癌は臨床ステージが定められています。

シコリが2cm以下がステージ1。

シコリが2〜3cm以下がステージ2

シコリが3cm以上がステージ3。

すでに転移しているのがステージ4となります。

ステージ1〜2であれば広範囲切除で3年以上生存し根治の可能性もあります。ですので悪性度の高い癌ですが3cm以下であれば積極的に外科手術を考えます。

外科手術は基本的に片側乳腺全摘出もしくは両側同時乳腺全摘出を考えます。ワンちゃんの場合は良性の可能性もあるのでシコリだけを摘出する術式もありますが、猫ちゃんの場合は悪性度が高く触れるシコリ以外に癌細胞が乳腺に広く浸潤していることを想定し全摘出を考えます。シコリが大きい場合や肥満猫ちゃんで両側同時が難しければ、まず片側全摘して1ヶ月後にもう片側を摘出する方法もあります。しかしシコリが小さく皮膚にゆとりのある症例は両側全摘出で1回の手術でシッカリ切除することも可能です。

猫 乳腺片側全摘片側全摘。

猫 乳腺両側全摘出術両側全摘出術。

片側でも両側でも3〜5日ほど入院が必要になります。

猫ちゃんは乳腺が下の方まで伸びているので傷は足の方まで達します。

下腹部の鼠径リンパ節と脇の下の腋窩リンパ節も同時に摘出して転移がないか検査に出します。

 

悩ましいのはステージ3〜4です、放置することでドンドン癌が大きくなり破裂するからです。

破裂すると猫ちゃんが感染や炎症で痛がり舐めてしまい、元気食欲が落ち、生活の質は著しく下がります。

飼い主様とよ〜く相談してテーピングなどで支持療法するか、肺転移で命尽きる時まで生活の質を向上させるために破裂した癌だけを摘出する事も考えます。

 

このように悪性度が高いのが猫ちゃんの乳腺腫瘍の特徴です。

猫ちゃんのお腹から胸にかけてシコリを見つけたら急いで検査しましょう。

猫ちゃんの乳腺腫瘍についてお気軽にご相談ください。

 

猫 乳腺腫瘍 片側乳腺全摘出術 リンパ節摘出 入院から退院まで10〜12万円 シコリのサイズ猫の大きさによる

猫 乳腺腫瘍 両側乳腺全摘出術 リンパ節摘出 入院から退院まで12〜14万円 シコリのサイズ猫の大きさによる

 

投稿者: アプリコット動物病院

メールでのお問い合わせ