症例集

2017.10.24更新

今回はワンちゃん 猫ちゃん で非常によくある問題の、異物の誤飲についてです。

ワンちゃん猫ちゃんは、実に様々な消化できない異物を飲んでしまいます。細かく噛み砕いて飲み込めば、1〜2日後に便から出て来ることがありますが、丸呑みしてしまった場合、やはり胃腸を詰まらせてしまいます。

胃腸が詰まると、症状としては 食欲がなくなり何度も吐きます、ご飯を食べなくても吐きます、水を飲まなくても吐きます、吐くものがなくなれば胃液を吐きます、完全に消化管が閉塞するとそのぐらい何度も吐きます。

飼い主様が異物の誤飲の心当たりがあれば、非常にありがたいのですが、多くは心当たりがなく、検査で異物誤飲が発覚するケースが多くあります。

レントゲンや超音波検査、それで不明ならバリウム検査や最終的に胃カメラを入れて異物を確認し、完全に詰まっている場合はできる限り早く手術をします。なぜなら万が一、異物によって胃腸に穴が空いてしまったら腹膜炎を起こし致死的状況になるからです。動物の状態が良好で、異物が小さいものであれば1日位は点滴してなんとか便から出てくれるよう経過観察することもありますが、基本的に異物の誤飲は緊急事態だと思った方が無難でしょう。化管に穴が開いてからでは手遅れになることが多いのですから。

 

様々な例をご紹介します。

 

猫ちゃん 止まらない吐き気でご来院。飼い主様心当たりなし。

猫 異物 レントゲンレントゲンで異物を確認。

猫 異物誤飲手術実施、小腸に異物を認め、小腸切開して摘出、おもちゃのおはじきでした。

 

犬 止まらない吐き気でご来院、心当たりなし。

犬 異物誤飲レントゲンで丸い物を確認。これだけでは大腸のガスも可能性もあります。

犬 異物 エコー超音波検査で大腸のガスではなく、小腸領域の真ん丸の異物であることを確認。手術へ。

犬 異物 スーパーボール小腸の一部が異物により大きく腫れ内出血してます。これは危なかったです、あと1〜2日遅れていたら腸が壊死して穴が開いていたことでしょう。通常の腸切開で摘出、元気になりました。

 

猫 止まらない吐き気、ヒモを飲んでしまったとのことで来院。

猫 ヒモ状異物 これは飼い主様が心当たりがあるので、無駄な検査を省くことができました、超音波検査で腸がアコーディオン状になっているのを確認し、すぐに手術。このように長いヒモ状のものは腸がアコーディオン状になります。この子は指で腸のたわみを少しずつ慎重にほぐし、腸を切らずに内視鏡でズルズル引き抜くことができました。腸を切ってないので手術翌日に退院しました。

猫 ヒモ状異物 内視鏡内視鏡で引き抜いているところ。

猫 ヒモ状異物 内視鏡思っていたよりも長くてびっくりです!

 

犬 ぐったり、止まらない吐き気でご来院。これは大変でした、飼い主様も心当たりなしでした。

単純なレントゲンや超音波検査では異物の確認が困難でした。

異物 バリウムレントゲン消化管造影検査を実施しました、小腸領域が大きく拡張し、何分たってもそこから奥には造影剤が流れて行きません。超音波では腹膜炎を示唆する所見があったので緊急試験開腹手術となりました。

犬 異物 穿孔すでに腸に穴が開き、大網という内臓を覆う膜が癒着し、腹膜炎を起こしていました。

犬 腸切除壊死して穴の開いた腸を癒着した大網ごと切除して、

犬 消化管吻合綺麗な腸で縫い合わせます(消化管吻合)。

その後は何度も何度もお腹の中を洗浄して、抗生物質をガッツリ使用して回復するのを祈ります。消化管穿孔して腹膜炎は極めて致死的です。

この子はなんとか復活してくれて10日ほどの入院で元気になりました。異物の正体は 麻っぽい繊維状の塊でした、飼い主様にも確認していただきましたが、自宅には存在しないものだったので、お散歩の時に拾い食いしちゃったのかな〜?とのことでした。

 

様々な異物を紹介しましたが、ごく一部です。異物誤飲は、本院のように規模の小さい動物病院でもほぼ毎週のようにあります。多くは胃の中にあるうちに吐かせたり、吐かせるのが危険なハリやガラス類は内視鏡胃カメラで摘出することで事無きを得ています。実際に手術が必要になる消化管完全閉塞はごくわずかです。しかし、消化管に穴が開くと致死的なので注意が必要です。

異物を飲んだ!おもちゃを飲んだ!梅干しの種などを丸ごと飲んだ!散歩で拾い食いした!というのがありましたら、まずは病院で吐かせる。

吐かせることができない針状の物や鋭利な物は胃の中にあれば内視鏡胃カメラで摘出できます。

異物の誤飲には十分お気をつけください。異物誤飲はワンちゃんも猫ちゃんも繰り返します。

中には2度繰り返し、2度手術したワンちゃんもいます。普段から拾い食い癖のあるワンちゃん猫ちゃんは、危険なものは鍵のついた簡単に開けられない箱などに片付けましょう。

 

犬 猫 異物誤飲 腸閉塞 開腹手術 入院〜退院まで費用総額 9〜15万円

(単純な腸切開手術〜腸切除して吻合手術、腹膜炎の有無、難易度によリます)

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: アプリコット動物病院

メールでのお問い合わせ